アダルトサイト等をアクセスした際、それ以降デスクトップの壁紙の
様に起動時に自動表示する事象を経験した方がおられると思います。
この事象のご相談を受け調査・修復した一例のご報告です。
今回はmshta.exeに対して上記動作が設定変更されていました。
対策は、regeditでレジストリーの該当設定箇所を削除します。
詳細は説明しないので必要であれば個別にお問合せ下さい。

以下、VIRUS、SpyWare等の対策ソフトで検知しない理由の補足です。
これはSpamMailに類したものと考えられますがVIRUS対策では
・このような設定が利用者の意図に反して設定可能なこと
・そして、SequrityHoleになりかねないこと
の認識及び迷惑発生状況等は把握しているようですが自PC内の動作に
止まる(外部PCに影響を及ぼさない)ので対策の対象としないとの考え
のようです。MicroSoftも機能強化、削除等の動きがみられません。